« てくてく南武支線(2)~川崎新町駅~ | トップページ | てくてく南武支線(3)~浜川崎駅~ »

2007/05/11

【速報】西口ビルの解体が始まりました。

本日は、昨日からの続きで南武支線の話を書きたいと思っていたのですが
帰り道に驚きの光景に遭遇してしまったので、急遽予定変更です。

私の買い食いの定番だったお弁当やさん「カニ」
その店舗が入っていたビルがいよいよ解体の日を迎えました。

ビルの様子
昨年6月の様子では、それぞれの店舗が賑わいを見せており
そこには今は亡き再開発前の西口の姿がありました。

当時の様子を窺い知ることのできる生き証人ともいえるこのビルは
川崎に引越して間もなかった私にとって、貴重な存在だったのです。

解体の掲示
こちらが工事に伴うアナウンスのひとつ。
詳細はよく分からないのですが、新たな建築計画は無い様子。

呆然とその場に立ち尽くしていると
隣に居たニッカポッカ(?)のおじさんも
私の視線の先と同じものを見つめていました。

「これは何になるんでしょうかね?」
「建て直しはないみたいですよ、そんな話を聞きました」
「ああ、じゃあ無くなっちゃう」
「おそらくそうだと思います」
「いかにも川崎、といった姿のものだったのになあ」

いかにも川崎。

今日は、この一言が頭から離れません。

--てくブロ関連記事--
西口ロータリーに残る風景。(2006年6月6日)
西口のお弁当屋さん、「カニ」発見!(2006年10月9日)
「カニ」の“かつどん”を食べました。(2006年10月24日)
「カニ」の五目って?(2006年12月28日)
もしかして再開発の波?(2007年2月19日)
貼紙発見…!(2007年2月22日)

|

« てくてく南武支線(2)~川崎新町駅~ | トップページ | てくてく南武支線(3)~浜川崎駅~ »

コメント

くてくてさん、ひでぞおさん、いらっしゃいませ。

>勝手な言い草ですが、寂しいですね。
いえいえ、わかる気がします。
歴史がリセットされ「他でもよく見る似たような景色」が
生まれてしまうんじゃないか、という寂しさを感じます。

>あの独特の曲線が…
そう、薄っぺらいからなおさら目だつんですよね。
駅前でひとり頑張っている感じがしました。

私は川崎に住んでまだ一年ですが
再開発の真っ只中にちょうど居合わせた感じです。

投稿: chibicom(管理人) | 2007/05/19 22:47

アーケードもすっかりなくなってしまって、
そうかとうとう解体ですか。

東口の15号そばのある一角も再開発の看板がたっております。
飲み屋とかごちゃごちゃした店がみな閉店。
勝手な言い草ですが、寂しいですね。

投稿: くてくて | 2007/05/12 13:13

あらら、ついに解体ですか。あの独特の曲線が印象的な建物でしたよね。
西口周辺が今まさに転換期を迎えている象徴のようです…

投稿: ひでぞお | 2007/05/12 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« てくてく南武支線(2)~川崎新町駅~ | トップページ | てくてく南武支線(3)~浜川崎駅~ »