« トゲトゲし過ぎ? | トップページ | コスト削減?無人観光案内所 »

2006/06/08

川崎市市民ミュージアムへ行ってきました。

先日、等々力緑地にある「川崎市市民ミュージアム」へ行ってきました。
武蔵小杉駅からバスで10分。川崎駅から直通バスだと40分です。
トータル1時間くらいの道中は、天気のいい日だとまるで遠足のような気分。

到着しました 到着!

今日は「古墳の出現とその展開」を見に来ました。
キャッチコピーは「かわさきででたよ。」

以前の記事で紹介した小高い丘の上に拡がる夢見ヶ崎動物公園。
実はこの丘全体も古墳なのだそう。
川崎にも大小いくつかの古墳があり、その時代の権力者達が眠っています。

ミュージアム外観 ミュージアム外観

こちらがミュージアムの外観。とにかく「デカイ」。
館内も広く、象徴的なのは扉や間仕切りがほとんど無いこと(オープンスペース)。
23メートルもの巨大な吹き抜けはコンサートなどにも使われています。

トーマス転炉 トーマス転炉

中庭にある巨大なオブジェ・・・。現代美術の作品のようですが、こちらはなんと
旧日本鋼管(現JFEスチール)が昭和初期に使用していた製鋼炉である「トーマス転炉」。
世界中でただ一つ保存されている現物です。重さはなんと60トンもあるとか。

さて、この市民ミュージアム。
先月、民間から公募で選ばれた新しい館長が就任し、注目を集めています。

川崎に住んでいながらも、実はミュージアムが
地域に特化した高い専門性(歴史、民俗、考古、美術部門)や
ユニークな視点(写真、映画、ビデオ、漫画、グラフィック部門)を持っているってこと
意外と知らない人が多いはず。
・・・ちょっともったいないです。

数年前から始まったミュージアム改革が、今年度はさらに加速するとのこと。
市民にとっては面白い展示が増えるのは大歓迎!
期待しながら、動向を見守りたいと思います。

--INFO--
川崎市市民ミュージアム
川崎市中原区等々力1-2
044(754)4500


|

« トゲトゲし過ぎ? | トップページ | コスト削減?無人観光案内所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トゲトゲし過ぎ? | トップページ | コスト削減?無人観光案内所 »