« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

多摩川さんぽ「ゴルフ練習場」

昨日ご紹介した競馬練習場の隣には
こちらは人間のための(笑)ゴルフ練習場がありました。

ゴルフ練習場

通りがかったのは土曜日の午前だったのですが
天気が良かったこともあって、ご覧の通り超満員。

料金は諸経費が1人1日420円(基本料金ってこと?)で
ボール代が1籠50個で630円だそうです。
相場が良く分からないので、高いか安いか判断できませんが
河川敷でゴルフ打ちっぱなしって、天気が良いと気持良さそうですね。
(でも、ちょっと人が多すぎかな?)

余談ですが、先日実家の母が洋服を送ってきてくれました。

それが・・・「私は宮里藍?それともさくら??」って聞き返したいような
流行のゴルフ用ポロシャツ(前ジップ式、ピンク色)。

袖を通してみたら、まさに「これからトーナメント行ってきます!」って感じになりました(笑)
そんな訳で、ウェアの準備だけはばっちしな今日この頃です。

| | コメント (0)

2006/06/29

多摩川さんぽ「川崎競馬練習場」

多摩川沿いをてくてく。
いきなり目の前に馬が飛び込んできました。

馬

馬・・・。本物の馬です。

周りをぐるりと眺めてみると、競馬のコースのように整備されています。
何でもここは川崎競馬の練習場なのだとか。

周りの様子

河川敷がサッカー場や野球場、公園として利用されているのは
何度か見たことがありますが、競馬練習場というのは初めて。
さすが川崎競馬があるだけのことはあります。

水辺で馬も気持良さそう。この日見かけたのは一頭だけでした。
できることなら、もっとたくさんの馬が走る様子を眺めたかったなー。

--てくブロ関連記事--
「記念にパチリ「川崎競馬場」」(2006年6月20日)

| | コメント (0)

2006/06/28

川崎駅東西自由通路に巨大七夕飾りが。

先週末から、JR川崎駅東西自由通路に大きな七夕飾りが登場。
いつもの改札がぐっと華やかになりました。

七夕飾り

写真はその一つ。
こんな風に大きな飾りが通路の左右に配置されています。

また、7月1日~23日は銀柳街にも七夕飾りがお目見え。
なんとこれは宮前小学校の皆さん手作りなんだとか。
(もはや「作品」ですね。つい足をとめて眺めてしまいそう)

同時期の銀柳街はちょうど夏のバーゲン真っ只中。
いつも人の多い東口が、さらに盛り上がりそうな予感・・・。

| | コメント (0)

2006/06/27

祝!てくてくブログ1周年!

正しくは去る6月21日で1周年だったのですが
「毎日更新」になったのは、昨年の今日27日で御座います。
ということで、本日1周年、とさせていただきました!

当時は勝どき在住でしたので
「勝どきてくてくブログ」というタイトルでした。
それが、引越しとともに「川崎てくてくブログ」に。

友人知人にもこのブログは知られているので
「てくてくブログさ~」と話題にのぼることがあったのですが
その度に「ああもっとイカした名前にしておけば良かった」と(笑)。
安直さが恥ずかしかった訳です。

でも今となっては分かりやすく、行く土地ごとに変更可能なタイトルに
まずまず満足しています。
(転勤必至なサラリーマン家庭の悲しい性質なのかも・・・?)

街歩きをブログに書くことを始めてから
住んでいる場所に対する意識が高くなったような気がします。
これまでの土地の成り立ち・歴史を調べたり
今後、街がどう変わろうとしているか気にかけたりすることは
生活を豊かにしてくれる一助になるんだなあ、としみじみ感じています。

こらからも起こるであろうたくさんの偶然から
いろいろな街の姿、そこに住む人たちの様子に
出会って行きたいな、と思います。

1周年、ありがとうございます。
これからもてくてくブログをよろしくお願い致します。

--ユニークアクセスのキリ番の歴史です--
「10000 hits ありがとうございます!」(2005年11月25日)
「20000 hits ありがとうございます!」(2006年2月13日)
「30000 hits ありがとうございます!」(2006年4月22日)

--てくブロ関連記事--
「あんまり嬉しくない」(2005年6月21日)・・・レギュラー松本くんを見かけた話。
「タワー群」(2005年6月27日)・・・ここから毎日更新スタート。

| | コメント (4)

2006/06/26

音楽のまち かわさき2―ミューザ ギターライブ―

アーリーサマーコンサート

外ではストリートコンサートが開かれていたミューザですが、
屋内では、専門学校生によるギターコンサートが開かれていました。

曲目やギターの種類にも因りますが
弦の音色というのは意外と涼しげで爽やかですね。
老若男女問わず、道行く人が立ち止まって耳を傾けていました。

休日の度にどこからか音楽が聴こえてくるというのは楽しいもの。
でも、まだ川崎では「音楽イベント」色が濃いような気がします。
頑張って盛り上げてるぞ!って感じ。

日常生活の中に(意識しなくても)生の楽器の音や歌う声が在る状態。
ここまで到達できたら「音楽のまち かわさき」ですね。おお、まるでニューオーリンズ。

| | コメント (0)

2006/06/25

音楽のまち かわさき1―ミューザ ストリートライブ―

土日を中心に開催されているミューザ川崎前のストリートライブ。
今日は午後まるまるかけて6組が演奏していました。
その中から3組をご紹介。

フジモトタカコ
シンガーソングライターのフジモトタカコ さん。
彼女の歌う「キラリ」という曲は、去年「開運!なんでも鑑定団」のエンディングに
使われていたのだとか。もはやメジャーじゃないですか。

アランヒルズ
双子の兄弟デュオ、アランヒルズ。
やはり息がぴったりです。

中国釣具店
コミックバンド?中国釣具店(この人たち見るの3回目です)。
ギター担当の頭ツンツンの彼は
最初に紹介したフジモトタカコさんの実兄だそうです。似ていない。

他には、SOONERS、Blossomも。

勝どき時代は、皆さんのこと全然知らなかったのですが(失礼!)
川崎では、かなり高い頻度で中国釣具店とSOONERSを見かけます。
さすが音楽のまち?

--てくブロ関連記事--
「かわさき楽大師 昭和まつり」(2006年4月23日)
「『中国釣具店』を見てきました。」(2006年5月3日)

| | コメント (0)

2006/06/24

完成間近!ラゾーナ川崎。

ラゾーナ川崎

本日のラゾーナ川崎です。
建物の裏(川崎駅側を表とする場合)から記念に一枚。

買物の便よりも何よりも、ラゾーナの中に銀行(三菱東京UFJか新生)と
夜間窓口のある郵便局とクリーニング屋が入っていて欲しい今日この頃でした。

現在、川崎駅の西口側にはマンション建設ラッシュ。
県外から引越してくる人が増えたら、金融機関の需要は高まる筈なんだけどなあ。
みんなが「かわしん」の口座を持ってる訳じゃないもんね・・・。

| | コメント (2)

2006/06/23

川崎あんぱんだって!

駅ビルのパン屋さんで「川崎あんぱん」を発見しました。

川崎あんぱん 川崎あんぱん

見た目は今川焼。かじってみるとさらに今川焼。
あんこがみっちり入っていて大変ボリュームがありました。
(でも、これならパンじゃなくて今川焼でいいのでは・・・?)
なぜ、これが「川崎」なのかまったくナゾです。

店舗外観
こちらが店舗外観、川崎駅の改札を出てすぐそばです。
確か改札内からも購入できますよ(もちろん通り抜け出来ないよう入口は別です)。

【おまけ】
今川焼といえば・・・
私の地元岡山では「御座候(ござそうろう)」という商品名で売られていますよ。
一般的には大判焼(おおばんやき)かな?

また、九州のある都市では「回転焼(かいてんやき)」と呼ばれていたような。
同じものっぽいんだけどなあ、違うのかなあ、いや、同じだよなあ・・・。
呼称のフォッサマグナ(!?)はどこなんでしょうね。

--INFO--
MutteR ROSA
JR川崎駅改札横

| | コメント (2)

2006/06/22

今日も夜店が出ていました。

今日の帰り道のこと。
ハッピーロードに夜店が出ていました。そっか、今日は22日なんですね。
(夜店は5~7月の2日・22日に開催)

夜店

夜店

店の構成はほとんど同じなのに、先月とは印象が随分違います。
なんだか今月の方がより「夜店がしっくりくる」感じなのです。

やっぱり陽が長くなって、夜になっても結構明るいから?
高い温度とじっとりとした空気が、より夜店の食べ物を美味しく思わせるから?
多分どっちもでしょうね。
子どものころ、小銭をもらってわくわくしながら歩き回った夏の夜、その経験が
今でも私のこころを揺さぶっているのかもしれません。

でも結局「あ、家にカレーが残っていたんだっけ」と気づいたため
買い食いを踏みとどまってしまいました(笑)

あー何だか大人になっちゃったんだなあ・・・。
いろいろ知っちゃうということは、ちと寂しくもあります。

--てくブロ関連記事--
「ハッピーロードに夜店が出るとか。」(2006年5月7日)
「5月の夜店」(2006年5月22日)

| | コメント (0)

2006/06/21

東京散歩、公団「原宿団地」。

先日、靴の修理をするために東京まで出かけました。

いつもと違う道を通って店に向かっていると
突如そこだけ歴史が取り残されたような一画に出会いました。

原宿団地

原宿団地

ここは原宿団地というそうです。
まず目に入るのが深い緑。
そして古い(けれど、まだ微かに人の匂いがする)集合住宅。
建物のつくりが今のものより少しずつコンパクトでかわいい。
階段が手前から奥ではなく、左右に渡っているのも珍しいのでは。

青山キラー通り 青山キラー通り

団地があるのは「青山キラー通り」という大通り沿い。
近くにはワタリウム(美術館)があり、立地は抜群に良いです。
それにしてもキラー通りとは物騒なネーミング・・・。

さて、集合住宅と言えば思い出すのが住宅公団(現:UR)。
原宿団地もどうやら1950年代の公団分譲住宅らしく約半世紀の歴史。

都心の真ん中の、アーティスティックな街にはどんな人が住んでいたのでしょう?
若い役者?デザイナーの卵?気難しい文筆家?自由な画家?
それともそれとも・・・。

--INFO--
原宿団地
東京都渋谷区神宮前3-37

--てくブロ関連記事--
「UR集合住宅歴史館に行きたい!」(2006年5月11日)
「集合住宅、団地、アパートメント・・・これが次に読む3冊!」(2006年5月12日)

| | コメント (2)

2006/06/20

記念にパチリ「川崎競馬場」

大きなレースでもない限り、ほとんど縁のないたぐいなのが「競馬場」。
今回も散歩途中に偶然遭遇しました。

川崎競馬場 川崎競馬場

その日は何もイベントが無かったようで、競馬場の周りはとても静か。
人通りも大変少なく、どうも活気がありません。

競馬場本来の雰囲気(?)を体験するにはやはりレースのときを狙うべき?
とはいえ、南関東の4競馬場(川崎・大井・船橋・浦和)ではローテーションで
スケジュールが組まれているようなので事前チェックが必須です。

ちなみに、この競馬場の近くにはハローワーク(職安)が・・・。
ちょっといろいろ想像しちゃいました(笑)。

--INFO--
川崎競馬場
川崎市川崎区富士見1-5-1
044(233)6701


| | コメント (0)

2006/06/19

京浜急行大師線が地下に移設?

散歩中、京急大師線の駅でこんな看板を発見しました。

京浜急行大師線 連続立体交差事業
※クリックで拡大します。

大師線が立体交差?・・・って一体何と?
地図をよく見てみると、確かに産業道路 他と交差しています。
路線は途中から大きく曲がり国道132号(富士見通り)に沿って延び
その後、国道15号(第一京浜)と交わります。ずいぶん街なかを走らせる模様。

地下に潜ってます

おお、京急川崎駅が地下に潜ってますー!本当に実現するの??

ちょっと疑問に思いながら、この事業案内をよく見てみると
国道409号(大師通り・京浜急行大師線と並行している)の下にできる
首都高速建設計画と同期をとろうとしている感じでした。
どうせ地下に道路を作るなら、一緒に移設しちゃえ!ということでしょうか?

でも、京浜急行大師線ってあまり混雑する路線でもないので
莫大な費用をかけて地下化する意味がいまひとつ分かりません。

そういえば・・・
川崎市営地下鉄が出来るっていう噂はどこへ行ったのやら。
話がまとまらないのか、お金が足りないのか、ほんとナゾです。

--
参考URL>>「川崎市建設局 連続立体事業大師線」


| | コメント (4)

2006/06/18

自宅近くの総合病院をチェック!

勝どきに住んでいたころ、家から一番近い総合病院といえば「聖路加国際病院」でした。
夜中に起こる急な発熱、頭痛にも、タクシーワンメーターで到着可能・・・そんな至近距離。
近くに総合病院があるというのは何かと安心です!

さて、引越し先の川崎。
そういえば総合病院ってどこにあるのかなーと思っていたところ・・・

川崎病院

川崎病院

「川崎市立 川崎病院」を発見です。外観は近未来的で要塞のよう。
総合病院なので、診療科も多岐に渡ります。また救命救急センターもあるのだとか。

公の医療施設というと、歴史が長い分古くて暗いイメージがあるのですが
ここは最近建て替えたのか、とても新しくてキレイ。とても利用しやすそう。

もちろん病気しないに越したことはないのですが
やはり、住む場所の医療機関は一度チェックしておきたいものですね。

--INFO--
川崎市立 川崎病院
川崎市川崎区新川通12-1

| | コメント (2)

2006/06/17

銀座でVeloタクシーを見かけました。

Veloタクシー

銀座四丁目交差点でVelo(ベロ)タクシーに遭遇。
実物を間近で見るのは初めての機会でした。

利用せずに帰ったものの
「いったいいくらで乗れたのかしら?」と気になる気になる。
安かったら話の種に試してみても良かったかな、と。

そんな訳で、公式webサイトで調べてみました。

--
運行期間 4月1日から11月30日まで

運行時間 正午から午後6時まで
乗車料金 初乗り  500mまでが大人¥300(小人¥200)
超過料金 100mごとに¥50(小人¥30)

500mで300円・・・!二人で乗ると600円ってことでしょうか?(乗り合い不可?)
うーん、500mで移動できる距離を考えると、ややお高い気がします。
特に銀座だと1kmくらいは簡単に歩けちゃいますし。

浅草の人力車同様、乗っていると気持よい反面、恥ずかしいのがこういう乗り物。
試してみたいけれど、あと一つ、二つ、三つ・・・
私の背中を押してくれるきっかけが欲しいなあ、と思う今日この頃なのでした。

--
公式サイト>>「Velotaxi Japan」

Veloタクシー、見た目はかなりかわゆいですよね。
スポンサーがお洒落だから・・・??

| | コメント (0)

2006/06/16

モアーズ7階「屯ちん」へ行ってきました。

池袋に本店を構える東京とんこつラーメンの店「屯ちん」。
並でも中でも大でも同じ600円という価格に誘われ、行ってみました。

らーめん(並)

どのサイズでも600円だって言っているのに、一番小さい並を選ぶ私。
特典を活かしきれていません(笑)。でも残すよりはよいですよね。

肝心のお味は・・・
麺はやや太めでしっかり。これはとても美味しいのですが、スープが少し薄味。
「とんこつ」を謳っているならばガツンと来いよ!と思う性質なので
少し物足りなかったです。
具はチャーシュー、のり、メンマ、ネギ。
特入りトッピング(250円)の場合は更に味玉や白葱が追加されます。
特に白葱はごま油と塩(?)で味付けしてあり、いいアクセントになっていました。

ラーメンの他につけ麺があったので
麺の旨みを楽しむならばこちらの方がよいかも知れません。
これから夏に向けてつけ麺が美味しい季節ですしね。

お店の様子

ちなみにモアーズ7階、8階はレストランフロア。
「屯ちん」は7階。お手ごろ価格のお店が並びます。
8階は銀座アスターが入り、やや高級志向?

--INFO--
東京とんこつラーメン 池袋屯ちん 川崎店
川崎市川崎区駅前本町7 川崎岡田屋モアーズ7F
044(245)4363


| | コメント (0)

2006/06/15

川崎大師、自動車祈祷殿リニューアル!

4月30日の記事でご紹介した川崎大師の「自動車交通安全祈祷殿 」
先日近くを通りがかったところ、リニューアルオープンしておりました。

自動車交通安全祈祷殿 新・祈祷殿!

こちら、とにかく派手なんです。
川崎大師の周りは高い建物がありませんから、ひときわ目立ちます。
かくいう私も何か分からず近づいたら祈祷殿に出くわしたクチです。

私は学生時代、地方に住んでいたため、生活の足といえば車でしたが
(昭和時代のスターレット、走行距離は17万キロ!)
上京の折に知人へ譲ってしまい、現在の愛車は20インチの自転車。

某ファーストフード店のドライブスルーは自転車で注文OKだそうですが
祈祷殿にチャリで乗りつけた場合、果たしておはらいはしてもらえるのでしょうか?
この企画、試してみたい・・・。達成できたらまたこのページで報告しますね。

--てくブロ関連記事--
「自動車交通安全祈祷殿 -川崎大師-」(2006年4月30日)

--
公式サイト>>「川崎大師(www.kawasakidaishi.com)」

| | コメント (0)

2006/06/14

水門だけが残ってます「川崎河港水門」

昭和の初めごろ、川崎市では大規模な運河の建設計画があったそうです。
計画は認可され多摩川との境目には水門が作られました。

水門
ちなみに、頭頂部の脳みそみたいなオブジェは
川崎の名産品(当時)であるブドウ、梨、桃なんだとか。

しかし、戦況が悪化したこともあり計画は昭和18年に廃止。
運河が川崎市を横断することは実現されませんでしたが、水門だけは残りました。
その背景を知らない人が見ると
「なぜ?こんなところに水門??」と思うこと間違いなし。不思議な光景です。

場所は川崎市川崎区港町66番地先、近くに味の素の工場があります。
多分工業用水としての需要も見込んでいたんでしょうね。

| | コメント (2)

2006/06/13

川崎コリアタウンへ行ってきました

先日自転車で川崎コリアタウン(セメント通り)へ行ってきました。
休日のお昼どきだったので、開いているお店はまばら。
焼肉屋さんが有名なのですが、やっぱりメインは夜なんでしょうね。

東天閣 東天閣
ここに行きました、ゲート近くの東天閣です!

ビビンバ ビビンバー!

カルビ カルビー!!

冷麺 冷麺ー!!!

久し振りに「肉を食べてるぞー」っていう気持になりました。
この日のメニューは焼肉セット(880円くらい?)と
冷麺+ビビンバセット(これも880円くらい)でした。おなかいっぱい。
今度は夜に行きたいなー。

--INFO--
焼肉レストラン 東天閣 本店
川崎市川崎区浜町4-12-5
044(355)1234

| | コメント (0)

2006/06/12

今日はW杯日本戦ですYO!

本日は22時からワールドカップサッカー「日本対オーストラリア戦」です!
私はサッカー音痴なのですが、家で応援したいと思います。

サッカーが大好き!って人だったら、スポーツカフェやスポーツバーで
みんなで盛り上がるのが、かなり楽しいかもしれません。
その中でも、首都圏で話題になっているのは、コチラ。

nakata.net cafe nakata.net cafe

青山にある nakata.net cafe(ナカタドットネット カフェ)です。
ちらっと中を覗いてみると、すごーく天井が高くて開放的な雰囲気。
そして大きなスクリーン。ここに試合が映し出されるのかな?迫力ありそう。

ここはワールドカップ開催中の限定オープンなのだとか。
はー、本当に東京には何でもありますね。
情報が集まるのも、情報を発信するのも、結局日本では東京が中心なんだなあ。

ちなみに青山へは眼鏡を探しに出かけていました。
クレイドル
この日、立ち寄ったのは「CRADLE(クレイドル)」。

他に、よく私が眼鏡を見に行くのは
渋谷のGLOBE SPECS(グローブスペックス)と銀座のKamuro(カムロ)です。

あらら、店名を挙げると東京ばっかりですね。
(でも、まあ、中央区に住んでいたから仕方ないか・・・。)

どなたか神奈川で素敵な眼鏡やさんご存じありませんか?

閑話休題、とにもかくにも頑張れニッポン。

--INFO--
nakata.net cafe
東京都港区北青山3-11-7
03(6419)9055


| | コメント (0)

2006/06/11

川崎に相撲部屋!「春日山部屋」

相撲というと、東京は両国。
何といっても国技館があるし、相撲部屋、力士、ちゃんこ屋さんに遭遇する機会多し。
そんなわけで、無意識のうちに「相撲部屋は両国で開くもの」との先入観がありました。

だからこの出会いは強烈だった・・・!

春日山部屋 春日山部屋

川崎区にて相撲部屋発見です!

明らかに相撲部屋っぽい玄関ですがここは両国ではなく川崎大師(のすぐそば)。
その土地柄から「相撲以外にも○○部屋ってあるんだっけー?」と疑問符。
最初に述べた先入観から「ありえない」と思ってしまったんですね。

でも、その疑問は一気に晴れました。
というのも、建物の裏に回ると・・・

まわしー!

大量のまわしが!!
まわし、初めて間近で見ました、想像以上に長いです。
こんな風に干すんだ・・・。ほほう。

そんな春日山部屋をちょっと調べてみたところ
多摩川以西にある唯一の相撲部屋なんだそうです。親方の地元とのこと。
現在の幕内力士は「春日王」(goo大相撲へリンク)。韓国出身の28歳です。

幼い頃は、祖母の影響で相撲中継と新聞の星取表に夢中でしたが
「ウルフ」千代の富士の引退を機に相撲から遠ざかっていた私。

でも、ホームタウンに相撲部屋があるってことで、何だか急に身近に思えてきました。
次の場所はちょっと取組を見る目が変わりそうです。頑張れ!春日山部屋!

--INFO--
春日山部屋
川崎市川崎区大師河原2-5-3
044(266)5434


| | コメント (0)

2006/06/10

川崎で走ってたなんて!

自転車乗って、シャララーと走っていると、普段見かけないものが・・・

路面電車

路面電車!

先頭部の行き先表示は「川崎駅前」となっています。
これは昔使われていた車両のようです。

案内板を読むと、川崎駅東口~京急塩浜駅まで運行し、
その総延長は約7Kmだったとか。
大師線、トロリーバスとも連絡していたため
川崎で働く人達の大事な足として利用されていたそうです。

昭和19年に開通、昭和44年3月末にその役目を終えました。
この車両が活躍していたのは、もう35年以上前のことなんですね。

私が生まれ育った瀬戸内の街には、今も路面電車が走っています。
大学時代を過ごした場所でも現役です。
久々に出会った「チンチン電車(一般的な呼び方なのかな?)」は
私にのんびりとした故郷の空気を思い出させてくれたのでした。

| | コメント (2)

2006/06/09

コスト削減?無人観光案内所

馴染みの薄い場所に来た時
地図をもらったり、地域の催事を教えてもらったり・・・と
街の観光案内所は何かと便利です。

川崎駅の近くだと、東口地下街アゼリア入口に
インフォメーションセンターがあり、いつも賑わっています。

だけど、西口側は・・・

ようこそ川崎に ようこそ川崎に。

「無人」

巨大なプラズマタッチディスプレイと、チラシのラック、
そしてポスターチェンジャーが設置されています。

プラズマタッチディスプレイ タッチディスプレイ

この巨大ディスプレイを操作して情報を得ることができます。
でも、タッチしてマウスカーソルが動かさなければいけないので
ちょっと使いにくいー。

どの装置も新しく立派。
メンテナンスも行き届いている(「調整中」などという貼紙がない)ので
整備されたのは、おそらく最近でしょう。
スペースの都合で無人化されたのかもしれません。

しかし、無人化されているにもかかわらず、夜はシャッターが閉まっています。
日中帯のみの営業(?)なので、ご注意を!

--INFO--
JR川崎駅改札前観光案内所
川崎駅東西連絡通路内

| | コメント (0)

2006/06/08

川崎市市民ミュージアムへ行ってきました。

先日、等々力緑地にある「川崎市市民ミュージアム」へ行ってきました。
武蔵小杉駅からバスで10分。川崎駅から直通バスだと40分です。
トータル1時間くらいの道中は、天気のいい日だとまるで遠足のような気分。

到着しました 到着!

今日は「古墳の出現とその展開」を見に来ました。
キャッチコピーは「かわさきででたよ。」

以前の記事で紹介した小高い丘の上に拡がる夢見ヶ崎動物公園。
実はこの丘全体も古墳なのだそう。
川崎にも大小いくつかの古墳があり、その時代の権力者達が眠っています。

ミュージアム外観 ミュージアム外観

こちらがミュージアムの外観。とにかく「デカイ」。
館内も広く、象徴的なのは扉や間仕切りがほとんど無いこと(オープンスペース)。
23メートルもの巨大な吹き抜けはコンサートなどにも使われています。

トーマス転炉 トーマス転炉

中庭にある巨大なオブジェ・・・。現代美術の作品のようですが、こちらはなんと
旧日本鋼管(現JFEスチール)が昭和初期に使用していた製鋼炉である「トーマス転炉」。
世界中でただ一つ保存されている現物です。重さはなんと60トンもあるとか。

さて、この市民ミュージアム。
先月、民間から公募で選ばれた新しい館長が就任し、注目を集めています。

川崎に住んでいながらも、実はミュージアムが
地域に特化した高い専門性(歴史、民俗、考古、美術部門)や
ユニークな視点(写真、映画、ビデオ、漫画、グラフィック部門)を持っているってこと
意外と知らない人が多いはず。
・・・ちょっともったいないです。

数年前から始まったミュージアム改革が、今年度はさらに加速するとのこと。
市民にとっては面白い展示が増えるのは大歓迎!
期待しながら、動向を見守りたいと思います。

--INFO--
川崎市市民ミュージアム
川崎市中原区等々力1-2
044(754)4500


| | コメント (0)

2006/06/07

トゲトゲし過ぎ?

川崎駅地下街アゼリア。
地下からエスカレーターを上がっていくとスポットライトが目に入ります。

これをよくよく見てみると・・・

ライト

かなりパンクロックな仕様。

ハト避け?

| | コメント (0)

2006/06/06

西口ロータリーに残る風景。

KJ川崎駅西口ビル 一階の様子
(左:独特の存在感のあるビル 右:一階の様子、ここのお弁当食べたい!)

川崎駅西口バスロータリー付近の様子です。
道路の曲線に沿ってビルが建っています。

再開発前はこのビルも周囲となじんでいたのだと思いますが
現在はこの部分だけ独特の存在感が残っています。
つい立ち止まってしまう不思議な空間です。

一階部分は店舗が入っていて、その中にお弁当屋さんがあります。
ここを通るたびに食べたくなるのが「かつべんとう」。
夕方はなかなか残っていないので、次に見つけたら「買い!」かな。

| | コメント (0)

2006/06/05

余熱利用でヨネッティ。

5月23日の記事でご紹介した「温水プール ヨネッティ堤根」に先日行ってきました。

入口
入口です。いざ出陣。

外観
建物外観。年季が入っています。
例えていうなら「夏休みの午前」を髣髴させる雰囲気。
セミの声とアイスクリームが似合いそう。
開くのは10時なのですが、15分前からみんな待っています。

プールの様子
奥の2レーンが泳ぎ専用。
手前は自由遊泳です。
バタ足ギャングな子どもが多かったらどうしようかな~と思っていましたが
意外や意外、中高年の方が6~7割。みんなのんびり歩いています。
とてものどかです。

料金は一時間200円。
特に利用者登録も要らないので、入場券を購入すればすぐ泳げます。
更衣室には100円利用(後に戻ってくる)ロッカーがあります。

夜は9時まで開いているので、頑張って週に2回くらい通いたいものです。
これから夏に向けて体力をつけなければー・・・。

--INFO--
ヨネッティー堤根
川崎市川崎区堤根73-1

--てくブロ関連記事--
「プールでも行こうかと、ヨネッティー堤根。」(2006年5月23日)

| | コメント (0)

2006/06/04

横浜港大さん橋へ行ってきました。

港町ヨコハマ。
先日、大型客船が停泊するという「横浜港大さん橋客船ターミナル」へ行ってきました。

外の様子
屋上を歩くことが出来ます。緩やかなスロープが楽しい。

中の様子
こちらはさん橋の中。面白いつくりです。
広々としていて気持いい。この日は無料のジャズコンサートが。

通路の様子
通路もきれいです。ついつい散策したくなります。

お土産として、私が選んだのはこちら。

海図
海上保安庁の廃盤になった海図を使ったレターセット(420円)です。

海図
本物の海図(型落ちのストック、新品)を使用しています。
一枚一枚様相が異なるので、縁のある土地を手にとって選んでみては。

海図
海図にバッテンマーク。廃盤という印?

お店の方によると、このレターセットはリピーターが多い人気商品なのだとか。
レアだけど、お手ごろ価格というのが魅力なのかもしれません。

--INFO--
横浜港大さん橋国際客船ターミナル
横浜市中区海岸通1-1-4
045(211)2304

| | コメント (2)

2006/06/03

スーパー戦隊、30作アニバーサリー!

小さなお友達から大きなお友達まで大好きな「スーパー戦隊」。

ただいま川崎アゼリアサンライト広場で
「スーパー戦隊シリーズ 30作記念キャンペーンギャラリー」開催中です。

このスーパー戦隊、1975年に発表された初代「ゴレンジャー」に始まり
現在は30作目の「轟轟(ゴーゴー)戦隊ボウケンジャー」が放送中だとか。

30年の長きに渡るため、お父さんお母さん、お兄さんお姉さん、そしてお子様と
自分の世代に地球を守ってくれた「お馴染みの戦隊」がきっと居るはず。

我々の場合はこちら。

デンジマン 第4作、デンジマン。

ダイナマン 第7作、ダイナマン。

年齢差(3歳)がきっちり反映されていて、かなり面白いです。

このように、会場は初代から現在まで全ての戦隊についてパネル展示されています。
展示の様子 展示の様子

・・・ついつい読み込んでしまいます。
ちょっと面白かったエピソードをひとつご紹介しますね。

サンバルカン 唯一?の三人体制「サンバルカン」

実は彼らは・・・

サンバルカンは国連直轄、転勤もアリ
(※クリックで拡大します)

転勤族・・・。

パネル説明はトリビアの宝庫ですね。

他にも全オープニング画像が流れていたり・・・

オープニング画像 ちょうどサンバルカン。

超合金ロボが飾られていたり・・・!

超合金ロボ これ、持ってましたー。

自分自身が夢中だった「戦隊現役時代」を懐かしんでみたり、
はたまた「熱中するギャラリー」を眺めてみたり(?)、と
様々な楽しみ方ができるイベントです。

では、最後に。
私の世代のヒーロー、デンジマンの合体ロボをご紹介。

デンジロボ ん?

「エコ」。

「デンジマン」の「D」かー!と気づくまでなんと3分。
もーてっきりチームマイナス6%かと(笑)

こんな風に、ちらっと覗いてみるつもりが長居すること間違いなし!
会期は明日6月4日までです。

--INFO--
スーパー戦隊シリーズ 30作記念キャンペーンギャラリー
~ゴレンジャーからボウケンジャーまで~
川崎アゼリアサンライト広場
6月4日(日)まで 10:30~21:00

公式サイト>>「轟轟戦隊ボウケンジャー」
※ページ下部にイベント情報が載っています。

| | コメント (0)

2006/06/02

マック以外のハンバーガーが食べたいんだ。

その昔、パームコーブ(オーストラリア)で食べたハンバーガー・・・

フィッシュバーガー コレ!

日本のハンバーガーしか知らない私にとって
こぼれんばかりの具と串刺しで食べるスタイルは新鮮でした。

いつもは100円マックばかりの私ですが、あの日以来、たまーに
食べにくいことこの上ない「本気のバーガー」が恋しくなるのです。

そんな訳で。
オーストラリアではないけれどハワイでとても有名だという
「KUA 'AiNA(クア・アイナ)」のバーガーを食べに行きました。
場所は横浜の赤レンガ倉庫です。

アボカドバーガー アボカドバーガーです。

一番人気だというアボカドバーガー。
アボカドのまろやかさと肉汁の旨みがたまりません。
同じ名前を冠していても、日本のハンバーガーとは全く別のメニューですね。

--INFO--
KUA 'AiNA(クア・アイナ)横浜赤レンガ店
横浜市中区新港1-1-2
045(227)5300


| | コメント (2)

2006/06/01

クーポン利用で500円均一イタリアン?

クーポン紙で「料理もドリンクも全品500円均一」という
驚きのイタリアン・バーを発見。先日行ってみました。

そのお店とは・・・川崎区砂子(いさご)にある「Ragnarok(ラグナロック)」。
ビル入口です こちらから入ります 店舗外観

店内はオープンキッチン。厨房の様子が見えます。
あまり広くは無いのですが、落ち着いたバー、あるいは隠れ家という感じ。
ひとり、もしくは少人数で料理を楽しむ空間に良いかも。

カルボナーラ、魚介のピザ、帆立のカルパッチョ、牛ホホ肉煮込み・・・をオーダー。
ここまでで500円×4=2000円!
通常だと一品780円~1380円ですから、トータルでは半額以下???

パスタの茹で加減、ピザの生地、ホホ肉の柔らかさ。全て申し分無し!
とても美味しかったので、今度はちゃんと通常料金でいただこうかと思います(笑)。

お店のスタッフは、クーポン利用に嫌な顔ひとつせず、とても親切でした。
この場所ですでに10年くらいイタリアンを続けているとのこと。
今回は「新しいメニューに変わったので、広く皆さんに試していただきたい」という
意図だそうですよ。

ちなみにこのオトクなキャンペーンは
川崎駅周辺のマガジンラックに置かれている「VIVA FREAK!6月号」に
掲載されています(27ページ)。
クーポンの有効期限はナシ!嬉しい!
まだ配布されていると思いますので興味のある方はゼヒどうぞ。

VIVA FREAK!6月号 こちらがVIVA FREAK!

--INFO--
Ragnarok(ラグナロック)
川崎区砂子2-8-1 2階
044(246)0301


| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »