« 空に延びる線路「ゆりかもめ豊洲駅」 | トップページ | 石川島資料館へ。 »

2006/04/12

意外な語源を持つ町です 「八重洲」

勝どきに住んでいたころ、
よく「中央区の公式ホームページ」を利用していました。

自治体のホームページって読むところあるの?と言われそうですが
区の歴史や文化を垣間見ることが出来るので、意外と街歩きの参考になりますよ。

今回は、その中からちょっと面白いページをご紹介します。

>>町名の移り変わり

こちらには中央区の主な町名の由来と
「住居表示により新旧の境界がどう変わったか?」が書かれています。

ちなみに東京駅の東側に広がる「八重洲」という町名は
江戸時代のオランダ人通訳ヤン・ヨーステンの邸宅があったことに由来します。

現在は八重洲通りにヨーステンの記念碑がありますよ。

八重洲通り ヨーステン記念碑
(左:八重洲通り 右:ヨーステン記念碑)

でも、この記念碑・・・通りの中央分離帯にあるんです!
横断歩道を2回に分けて渡らなければいけないので
見るためにはちょっぴり手間がかかります。

私たち以外にヨーステンの碑を見に来ていた人は・・・だーれもいませんでした(笑)。

--INFO--
ヤン・ヨーステン記念碑
中央区八重洲(八重洲通り中央分離帯)

|

« 空に延びる線路「ゆりかもめ豊洲駅」 | トップページ | 石川島資料館へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空に延びる線路「ゆりかもめ豊洲駅」 | トップページ | 石川島資料館へ。 »