« 意外な語源を持つ町です 「八重洲」 | トップページ | キリンビール工場へ行ってきました。 »

2006/04/13

石川島資料館へ。

中央区佃にあった「石川島」・・・。
石川島播磨重工業(IHI)の造船所があり
1979年に閉鎖されるまで
日本のモノづくりを引っ張ってきました。

現在は一帯がリバーシティ21として再開発され
IHI本社も豊洲に移転してしまいました。

昔の面影はすっかり薄くなってしまいましたが
ここIHIの創業地、佃にある「石川島資料館」では
土地の歴史、造船の歴史を展観することができます。

入口です 入口です。

パンフレット パンフレットです。

昔、この地は小さな島と干潟だったこと。
それが整備され、人足寄場(更正施設)が建設されていたこと。
そして、日本初の民間様式造船所が設立されたこと。

400年の間に土地の用途がこんなに変わった地域は
珍しいのではないでしょうか?

開館日は毎週水曜と土曜だけですが
館内はコンパクトですが、初めて知る土地の歴史が満載。
おすすめです!

--INFO--
石川島からIHIへ「石川島資料館」
中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1階
03(5548)2571

開館日:水・土
開館時間:10:00~12:00、13:00~17:00
入場無料

|

« 意外な語源を持つ町です 「八重洲」 | トップページ | キリンビール工場へ行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外な語源を持つ町です 「八重洲」 | トップページ | キリンビール工場へ行ってきました。 »