« 小杉のラーメン屋「ラーメン丸仙」 | トップページ | 東口名物「アゼリア宇宙カプセル」 »

2006/04/04

麦の別れ-「芭蕉記念碑」-

八丁畷(はっちょうなわて)駅の手前に松尾芭蕉の記念碑があります。

記念碑

掲示板の説明を読むと・・・

元禄7年(1694年)。
江戸から郷里に帰る芭蕉を弟子達がこの地で見送ったのだとか。
(弟子達は別れを惜しむ俳句を読みあったのだそうですよ)

対して芭蕉は
「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな」と返歌したそうです。
記念碑にはこの句が刻まれています。

麦が植えられています 当時の様子を偲び、麦が植えられています。

同年秋、芭蕉は病に倒れ、これが弟子達との今生の別れとなりました。
辞世の句は
「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」。

どちらの句も、切なさの中に
旅を愛した芭蕉の「自由さ」が垣間見える気がします。

東海道川崎宿-街の中にはまだ沢山の歴史が眠っていそうです。

--
八丁畷(はっちょうなわて)駅

八丁畷駅
※この写真は京浜急行の駅ですが
同じ改札からJR南武支線に乗ることが出来ます。

|

« 小杉のラーメン屋「ラーメン丸仙」 | トップページ | 東口名物「アゼリア宇宙カプセル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小杉のラーメン屋「ラーメン丸仙」 | トップページ | 東口名物「アゼリア宇宙カプセル」 »