« まだ空が広い、西口。 | トップページ | 30000 hits ありがとうございます! »

2006/04/21

GW用に本を借りました。

来たるゴールデンウィークに備えて(?)
図書館で本を借りてきました。

今回のチョイスは
以前住んでいた東京中心部の歴史を楽しむこの2冊。

(左)江戸切絵図と東京名所絵、(右)月島物語 こちら!

左の大きな本は
「江戸切絵図と東京名所絵」(白石 つとむ/小学館/5,880円)。

“京橋南築地鉄炮洲絵図”、“八町堀細見絵図”など
江戸時代の東京の様子をうかがうことができる
読みごたえたっぷりの資料です。

当時の地図は
「字が左右上下様々な方向から書かれていて読みにくい!」と
思っていたのですが、これにはきちんと意味があるそう。
最初の一文字が書かれている(武家屋敷の場合家紋がある)方向が
正門なのだとか。
マークや色分けもちゃんとルールがあるので
一度読めるようになると瞬時に情報を得ることができそうです。

右は月島、勝どきの全体像を知るにはもってこい!の
「月島物語」(四方田 犬彦/集英社/1,835円)。

本当は勝どきに住んでいた時に読みたかったのですが
人気図書のため借りることができませんでした。
やっと読むことが出来て嬉しい!

本の返却は2週間後。
しっかり楽しもうと思います!


|

« まだ空が広い、西口。 | トップページ | 30000 hits ありがとうございます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ空が広い、西口。 | トップページ | 30000 hits ありがとうございます! »