« 世界一短いエスカレーター「プチカレーター」 | トップページ | 待ち合わせの定番「東西連絡通路」 »

2006/03/30

全長32キロ、二ヶ領用水。

仕事の用事で小杉に外出しました。
花冷えの本日、通りを行くと満開の桜並木が。

二ヶ領用水 きれいです。

これは川崎市を南北に流れる、川崎市最長の人工用水である
「二ヶ領用水」(にかりょうようすい)なのだそうです。

多摩川に堰をつくり、そこから水を引き入れています。
いくつかの支流をあわせるとその全長はなんと32キロ!
多摩区から幸区まで流れています。
(現在は幸区の平間浄水場あたりが終点です。)

モノづくり全盛期は、主に工業用水として用いられていたそうですが
現在は環境用水として生活に潤いを与えてくれています。

この用水の歴史は約400年(1611年完成)。
地図を眺めると、細長い川崎市を支え続けてきたことが分かります。

桜の名所として知られる場所ですが
その成り立ちを知るとさらに楽しめるかも知れませんね。

|

« 世界一短いエスカレーター「プチカレーター」 | トップページ | 待ち合わせの定番「東西連絡通路」 »

コメント

さんぽますたあさん、はじめまして!

「武蔵小杉散歩」またおじゃまさせていただきます。
二ヶ領用水の桜、本当にきれいですよね。

水質、確かに一時は工業排水で用水の汚染が
進んでいたと聞きました。
ずいぶん改善されたのだとか。
本当に、こういった取り組みは大事ですね。

投稿: chibicom(管理人) | 2006/04/01 07:15

Chibicom様
はじめまして。
私、武蔵小杉 二ヶ領用水のそばに住んでいます。今はサクラが満開でとてもきれいです。ここ2~3年で随分、水質もよくなったのですよ。また、是非、散歩にきてください。
「武蔵小杉散歩」というブログをやっています。よろしければ、ご覧ください。http://mks.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: さんぽますたあ | 2006/03/31 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界一短いエスカレーター「プチカレーター」 | トップページ | 待ち合わせの定番「東西連絡通路」 »