« 住吉神社例大祭 第2日目 | トップページ | 祭りの、あと。 »

2005/08/08

住吉神社例大祭 第3日目

とうとう、例大祭最終日です。
箱根駅伝で言えば6区から10区。

各部による八角神輿の引継ぎは無事進むのでしょうか・・・!

【午前9時:御旅所出発】
s_DSC00576 s_DSC00588
まず二度手を打ち、一礼。
その後月睦(勝どき地域)が八角本社神輿を担ぎ、勝どき一帯を巡ります。

【午前9時半ごろ:待ち構える人々】
s_DSC00601
担ぎ手が本気なら、ギャラリーも本気。
んでもって、今は月曜の朝9時半。
サラリーマンにとっては冷や冷やものですな

【午前10時:西仲橋真ん中で引継ぎ】
s_DSC00616 s_DSC00617 s_DSC00626
勝どき(二号地)と月島(一号地)の境界である西仲橋の真ん中へ到着。オンタイム。
10時5分に神輿を下ろし月睦みんなで3本締め。
10時10分、月四睦(月島四之部)へ引継ぎ開始。
ご祝儀(白い紙につつまれたもの?)が八角神輿の屋根に向かって投げ入れられます。
八角神輿は特別な存在なので「担がせていただくもの」なのです。

【午前12時ごろ:月島の様子】
ss_DSC00635 ss_DSC00640
月島三之部接待所の様子(左)と
スピーカーを修理する「つきしまテレビ」のご主人(右)

--
八角神輿は午前10時10分から夕方にかけて
月四、月三、月二、月一、つまり「月島一号地」の方が担当します。

と、いうことで私は一時帰宅。夕方のお宮入りを見に行こうかな?
(箱根駅伝で言うと10区狙い。←この例え気に入った(笑))
--

【午後4時半ごろ:二号地(勝どき)大神輿】
s_DSC00680_2go s_DSC00669_2go s_DSC00685_2go
こちら、町内のお神輿。八角神輿を引継いだ後なので、
最終日の午後はフル稼働。午後1時から6時半までのロングトリップ

【午後6時半ごろ:二号地(勝どき)お仮屋】
s_DSC00692_2go
二号地(勝どき)大神輿巡行が終了すると、月睦は解散の様子。
住吉神社のお膝元”佃島”から遠い順にお祭りは終わるのかな?

【午後7時前:西仲通り商店街(もんじゃストリート)】
月島地区は、一之部、二之部、三之部、四之部の
全ての町内神輿が相互乗り入れしていました。一号地の結束を見た!
(※ 八角神輿は午後5時半に新佃へ引継ぎ済みです)

s_DSC00696_t4 四之部大神輿

s_DSC00698_t3 三之部大神輿

s_DSC00699_t2 二之部大神輿

s_DSC00702_t1 一之部大神輿

--
そんなこんなしている内に、八角神輿お宮入りが近づいてきました。
急いで佃方面へ向かいます。
--

【午後7時ごろ:八角神輿発見!】
s_DSC00707
担ぎ手は、新佃睦の皆さんです。

【午後7時すぎ:住吉神社】
s_DSC00710 s_DSC00712 s_DSC00734
新佃から佃住吉講へ八角神輿を渡し、そして宮入りです。
ここではより一層厳かな雰囲気。

佃住吉講の皆さんは、他の部会とは大きく様相が違います。
若い衆(白地に赤い柄の着物←半纏ではありません)が神輿を護衛し、
担ぎ手(藍色)が静かに神輿を運びます。

担ぎ手は皆、ベテランの方のようです。
その表情から神輿に対する敬意、感謝、土地への誇りを感じました。

何か厳粛な秩序が、辺りを制している場所でした。
八角神輿はこうして宮へ戻り次の3年後を待つのですね。

|

« 住吉神社例大祭 第2日目 | トップページ | 祭りの、あと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 住吉神社例大祭 第2日目 | トップページ | 祭りの、あと。 »