« カレーのススメ(勝鬨亭) | トップページ | 懐かしの「東日本銀行」 »

2005/07/31

かちどき 橋の資料館

職場で「私、勝どきに住んでるんです」って言うと、たいてい
「あー勝鬨(※1)橋の?」という反応が返ってきます。勝鬨橋、知名度高し。

※1: 「かちどき」と読みます。地名はひらがなですが、橋は漢字表記です。


勝鬨橋が有名なのは、やはりその構造が特徴的だからでしょう!
何といっても、中央が最大70度まで開く跳開橋なんですから。
ただ、交通量の増加から、昭和45年11月29日をもって「あかずの橋」になりました。

これまでは主に写真・映像資料でしか、当時の様子を知ることは出来ませんでした。
対して、2005年4月にオープンした当施設は、本物の変電所を改修した「生の資料」。
「勝鬨橋 現役時代」を伝える貴重な場所となるのではないでしょうか。

橋の資料館 かちどき 橋の資料館 外観

元々資料館として建てられたものではないので、館内はあまり広くありません。
ですが、その中に実際の発電施設や、設計図などが展示されています。
電気設備(操作盤)は当時の配置そのままに保存されています。

昭和初期の設計書はもちろん手書き。大変緻密で精巧なものでした。
設計を手がけたのが都職員(当時の東京市職員?)という事実にも驚きです。

「丁寧でに施された、他に例の無い仕事」・・・
その歴史を辿ったあとに、勝鬨橋を渡ってみると
新しい発見があるかもしれません。

勝どきの渡し 勝どきの渡し、記念碑です。with にゃんこ

--INFO--
かちどき 橋の資料館
東京都中央区築地6丁目地先(築地市場勝どき門横)
03(3543)5672

開館日時:毎週火・木・金・土曜日 9:30~16:30
料金:無料

「かちどき 橋の資料館」(公式サイトです。橋脚内見学ツアーの案内もあります。注目!)

--
余談ですが・・・
「私、岡山出身なんです」って言うと、たいてい
「あー桃太郎の?」という反応が返ってきます。架空の人物に代表される街、岡山・・・


|

« カレーのススメ(勝鬨亭) | トップページ | 懐かしの「東日本銀行」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カレーのススメ(勝鬨亭) | トップページ | 懐かしの「東日本銀行」 »